前へ
次へ

修学旅行でレンタル携帯が利用されるケース

学生生活にある行事として修学旅行があります。小学校や中学校の他高校でも行くでしょう。小学校の場合はあまり自由行動の時間がなく、現地への移動や観光も集団で移動することが多いです。たまにはぐれる子がいますが何とか管理することができそうです。一方中学や高校となると少しずつ自由行動が多くなり、1日ぐらいは買い物や市内観光を生徒たちだけで行わせることもあります。何も問題がなければいいですが、時間通りに戻ってこない生徒もいるかもしれません。レンタル携帯サービスにおいては修学旅行向けのサービスが用意されています。参加する生徒がそれぞれでレンタルするのではなく学校が生徒のためにまとめてレンタル携帯の契約をするようです。それを各生徒に持たせておけば先生側で生徒の管理を行うことができます。連絡が取れなくなった生徒がいるときでもレンタル携帯を通じて連絡するようにしておけばよいでしょう。ただ生徒の中には先生側から連絡をしてもなかなか出ようとしないときもあります。レンタル携帯にはGPS機能を搭載しているものがあり、良く親が子供の監視のために利用することがあります。塾に行かせたが帰りが遅いときなどはGPSで今どこにいるのか確認するのでしょう。同様のことがレンタル携帯を使って行え、居場所がわからない生徒の情報を知ることができます。生徒が移動すればその情報をパソコンなどでチェックができるので問題が起きていないかがわかります。その分先生にとっては生徒の管理が楽になるでしょう。修学旅行で生徒用にレンタル携帯を貸与するメリットとして友達同士の通話がしやすい点があります。散策をするときにはそれぞれのグループでいろいろなところに行くでしょうが、どの観光地がいいのかなどの情報交換をしたいときがあります。それを携帯を通して行えば移動の無駄を防ぐことができます。グループ内で誰かがはぐれたとしてもリーダーがグループのメンバーの位置を把握できればすぐに探し出すことができます。

Page Top